-黒澤作品を好きになれる情報や豆知識が満載!-
zokusugata

姿三四郎のヒットを受けて作られた「続姿三四郎」

最初についた作品で映画界に嫌気がさしたという黒澤でしたが、次の作品で山本監督に出会い、その博識で柔軟な感性に惚れ考えを改めます。
(名匠山本嘉次郎(やまもとかじろう)監督。黒澤監督の尊敬する師、幅広い作風で知られる)

映画にのめりこむ様になったのも、シナリオの大切さを黒澤に説いたのも山本監督である。それから黒澤は寝る間も惜しんでシナリオ執筆に励んだといいます。

黒澤の助監督時代に活躍した監督たち溝口健二(みぞぐちけんじ)成瀬巳喜男(なるせみきお)小津安二郎(おずやすじろう)など。
様々な撮影現場を足しげく訪ねて、個性的な先人から多くを学びました。