-黒澤作品を好きになれる情報や豆知識が満載!-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
七人の侍

クランクインの時、黒澤は42歳。これまでの時代劇に不満をもってた黒澤はリアルな時代劇を目指します。
その時代に生き、暮らしてた人間を描きたい。こうして野武士から農民を救う魅力的な侍たちが作り出されました。

当初撮影日数は90日。予算は通常の映画に2倍という規模でした。しかし黒澤はすべてにおいて自分のこだわりを貫き通します。セットから衣装、かつらなど細部にいたるまでリアルさを求めたのです。
黒澤のこだわりにスケジュールはどんどん超過していきます。燃え方が気に入らないと水車小屋を三回作って燃やします。
木村功(きむらいさお)と津島恵子(つしまけいこ)との逢引場面。大量の花は毎日スタッフが新しく埋めました。

一向に撮影が終わらないため会社は2度製作中止を考えます。結局この作品に社運を賭けることになります。
危険な撮影もありました。焼き討ち場面、土屋嘉男(つちやよしお)は顔が火ぶくれで入院することにになります。
5月から始まった撮影も2月になり最後の雨の決戦場面を残すだけとなりました。雨を降らすスタッフ40名。ぬかるみの中、陣頭指揮を執る黒澤。その足の爪は長靴の中で凍傷になりすべて真っ黒になったといいます。

撮影期間11ヶ月。完成時の撮影費は当初の3倍。まさに超大作です。

「七人の侍」は世界の映画人と作品に影響を与えました。黒澤は語ります。
「皆に何かがのりうつったみたいになる事ってあるんだよ」

日本映画の金字塔、それこそが「七人の侍」なのです。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。