-黒澤作品を好きになれる情報や豆知識が満載!-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
・白い椿を黒く塗ることでモノクロでも赤く見せた。
・アフレコ時にも役者に衣装と日本刀を身につけさせる。
・椿屋敷の実物の木に2万個の造花を10日がかりで結んだ。
・リハーサルの段階から役者は本物の日本刀を腰に差した。
・黒澤が殺陣シーンのフィルムを編集していると、 あまりにも三船の居合いが速すぎてコマの中に三船が写っていなかった。
・三船vs仲代の決闘シーンを作るに当たって、黒澤は綿密な計算をした。
 血糊が噴出すポンプを仲代達矢の身体に巻きつけたのだが、その際に役者たちには 詳しく説明しなかったという。だから予想もしなかった量の血飛沫に役者たちは驚き、 それが本物の驚きの表情を生み出した。
・血飛沫が噴き出す表現はこの映画以降の殺陣やアクションシーン、 ビデオゲーム等で盛んに模倣されるようになった。
・入場料200円の時代に興行収入約9億円。
・欧米でこの映画が発表された時、決闘シーンで全員が立ち上がって しばらく拍手の嵐が止まなかったという。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。