-黒澤作品を好きになれる情報や豆知識が満載!-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
天国と地獄

黒澤映画には強い正義感が感じられます。汚職(悪い奴ほどよく眠る)、ジャーナリズムの暴走(醜聞スキャンダル)、核への警鐘(生きものの記録)。
時代が抱える問題を巧みに取り入れ極上の作品に仕上げる黒澤の手腕。
その代表作と言えるのが「天国と地獄」です。取り上げたテーマは“誘拐”

かねてから誘拐という卑劣な犯罪に憤りを感じていた黒澤は、被害者、犯人、そして犯人を追う刑事たちの姿を克明に描き出したのです。
黒澤は作品にリアリティを出させるため細部にまでこだわりました。特に代金受け渡しの場面“警察の包囲網の中どうすれば捕まらないように身代金を奪うことができるのか”そのこだわりから映画史に残る名シーンが生まれます。
疾走する特急こだまでの身代金受け渡し。緊張感溢れるこのシーンは貸しきった列車を本当に走らせ撮影されました。
入念にリハーサルを重ねて挑んだ、たった一度の本番。黒澤は複数のカメラを駆使しその場の空気を映画に留めたのです。

犯罪に対する強い怒りをテーマにしながらもリアリティ溢れる演出で一級の娯楽作となった黒澤サスペンス。
彼の正義感は作品の中にみなぎってるのです。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。