-黒澤作品を好きになれる情報や豆知識が満載!-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
影武者

映画「デルス・ウザーラ」(前作)でモスクワ映画際金賞、アカデミー外国映画賞受賞。世界から賞賛された黒澤明。
しかし、次回作はなかなか決まりませんでした。日本映画を取り巻く状況はますます悪化。黒澤の思い描くスケールの大きな作品の実現は難しかったのです。
脚本を書いても受け入れられない日々。

そんなとき、黒澤を敬愛する人物が名乗りをあげます。

フランシス・フォード・コッポラとジョージルーカス。

世界的な映画人の後押しで、海外への配給が決まり大型時代劇「影武者」が動き出しました。
数名の主要キャストを除くすべての役をプロ、アマ問わずオーデションで決めると発表。
その試みは大きな話題となり、応募者が殺到しました。

「この作品で出てもらって、将来のね、日本映画を支えるような人なってもらいたいと思うんでね、そうゆう人を選ぶつもりなのよ」
と当時の黒澤は語ってる。

重要な役に新人俳優を抜擢した大胆なキャスティング。
兵士役に選ばれた役者たちも、黒澤の教えを受け合戦シーンはエキストラをリードして大規模な撮影を支えました。

製作にはさまざまな困難がありました。
主演俳優の交代。久々にコンビの宮川一夫(みやがわかずお)の体調不良。黒澤映画を支えてきた音楽家佐藤勝(さとうまさる)の降板。
いくえもの壁を乗り越え、黒澤は映画を完成させます。

黒澤ならではの映像美溢れるスペクタクル作品は世界中の人々を魅了しました。
カンヌ映画際最高の栄誉パルム・ドールを受賞。「影武者」は黒澤のを改めて世界に知らしめたのです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。