-黒澤作品を好きになれる情報や豆知識が満載!-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最初、3ヶ月で終わるはずだった撮影は、延長に延長。
やがて、1年になろうとしてもまだ完成は見えてこないという状況です。

業を煮やしたのは、東宝のオエラ方たち。

何度となく、予算オーバーの製作中止を黒澤監督に言い渡しますが、その情熱と馬力で、撮影を続行してきた監督。

ならば、ここまで撮影したフィルムを編集して見せてみろという会社側の命令。

この状況をある程度、予測していた黒澤監督には、このための秘策がありました。

実は、監督は、このときまで、ラストの決戦のシーンを1カットも撮っていなかったんですね。

もしこれを中途半端に撮っていたら、このフィルムを使って、不本意のまま、映画を完成させ、公開するといわれることは必至。これだけは、完全主義の黒澤監督としては絶対に承服できなかったというわけです。
「七人の侍」に、ラストの決戦シーンは不可欠。

これがなくては、もちろん映画にはなりません。

黒澤監督は、このラストの決戦だけがない、「七人の侍」を、東宝のオエラ方たちのためだけに、編集をして試写させます。
すでに、季節は2月冬。いまにも、大雪が降り出しそうな頃。

「編集には、1週間はかかります。この間に雪でも降ったら、撮影はさらに遅れて、製作費は膨らみますよ」

これは、黒澤監督の会社側への捨てセリフでした。
さて、運命の試写の後、オエラ型はその足で会議。
彼らは、監督の前に戻ってこう告げます。

「わかった。製作費は出そう。思う存分にやってくれ。」

(http://sukebezizy.typepad.jp/blog/2008/09/part3-a683.html 柿沢謙二ブログより抜粋)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。